豊工房のこだわり


  1. こだわりの技術力

    市村
    市村さん
    エクステリアの組立専門の職人さんです。
    カーポートやテラス、ウッドデッキなどを組立てしてくれます。
    仕事中も無口で黙々と仕事をされますが、しっかりとした仕事をしてくれる頼れる職人さんです。
    特殊加工が必要な組立もきれいに納めてくれるので安心して仕事を任せられます!
    福本
    福本さん
    左官工事のスペシャリスト!同業者も唸らせるほどの技術力。
    左官とは、コンクリートの仕上げだったり、塗り壁、ブロック積みなどのセメントを使う仕事がメインです。
    当社で土壁やじゅらく壁の仕事はほとんどないですが、そんな仕事もできる貴重な職人さんです。
    仕事中は真剣な眼差しで仕事をするので声を掛けづらいかもしれませんが、
    愛犬の話になると笑顔がこぼれる気さくな職人さんです。

  2. あなたのイメージを最大限に膨らませる、3DCAD

    あなたのイメージを最大限に膨らませる、3DCAD
    イメージを膨らすために絶対に3DCADが必要です。
    3DCADを使い一緒に納得いくまで相談し、理想をできるだけ画像を通して確認しましょう。
    (あくまで建物と敷地の図面があればの場合になります)
  3. 未来を見据えた庭・外溝・エクステリア・リフォームのご提案

    未来を見据えた庭・外溝・エクステリア・リフォームのご提案
    植樹は成長を見越して植えることにより、楽しみや庭に対する愛着が変わってきます。
    何年もかけて理想の庭になるのを一緒に楽しみましょう。
    思い出とともに庭や住まいも成長していきます。
  4. 下請けに丸投げは致しません。

    下請けに丸投げは致しません
    下請けに丸投げしないでしっかり最後まで監督管理します。
    がんばって作ったデザインだから信頼の置ける業者で施工して途中もしっかり監督管理します。
  5. 安心のアフターサポート

    安心のアフターサポート
    出来上がった庭に不具合が…! あってはならないのですがどうしても自然の材料を使う以上は
    そのようなリスクはついてきます。 だからこそしっかりしたアフターサポートをいたします。
    お客様の声が必要です。 気になったらすぐにご連絡下さい。
エクステリアコンクール受賞

  1. いつまでも長持ちする素材、ウリンを使用

    POINT1
    いつまでも長く快適に使ってもらいたい、そんな想いから豊工房ではウッドデッキやウッドフェンスなどに防腐剤がいらず、メンテナンスをしなくても大丈夫なウリンを使用しております。
  2. ウリンの長所

    • ・色合いが揃っていて光沢があり、仕上がりが非常に美しい。
    • ・H耐水性に優れている。(海水、雨水、土中に直接埋め込み可)
    • ・ポリフェノール含有率(14.4%)が高いため、防腐性に優れている。
    • ・加工性が良い。(切断切削)
    • ・防虫性に優れている。(特にシロアリ、フナクイムシ)
    • ・世界の木材の中で、最硬最強である。(「鉄木」と言われる所以)
    • ・他樹種に対して、比較的安価である。
    • ・供給が安定している。
    • ・人畜無害。(ラバコールキノン類を含まない。)
  3. 鉄より勝る強い耐久性、それがウリンです

    POINT2
    数年前、「ウリン(ULIN)」が湾港の防舷緩衝材として使用されていたマレーシアサバ州のコタキナバル港で、古くなった港湾設備の改築が行われた際、「ウリン(ULIN)」を固定するために使用されていた鋼鉄製のボルトナットがありました。
    すべて海水の為、永年の間に腐食して使用不能になっていたが、「ウリン(ULIN)」はそのまま再使用に耐えられることが報告され、改めてその耐久性が再評価されました。
  4. 環境に優しい

    近年、公害問題、環境保護が叫ばれるようになり、薬品処理の必要がなく、耐久性ではCO2発生の元凶の工業製品であるコンクリート製品、セラミック、鋼鉄製、アルミ等よりはるかに優れていて、しかも自然木そのままの形で長期間使用に耐えられることが出来ることから、エクステリア関連資材として、ヨーロッパ豪州等で脚光を浴びております。 当然、自然木ゆえ廃棄後、焼却しても有毒ガス発生の心配がありません。
  5. 際立った安定性

    POINT3
    材その物の安定性(収縮率)は、同種の堅木に比較して、際立って安定しております。
    その上、柾目挽きの製材により、直射日光にさらされる所で使用されても、材面の割れ、反り、あばれ等が出ないよう極力押さえられるよう努めております。
    九州のテーマパークで使用されたアフリカ材は、直射日光の下で反り上がり、固定していたボルトをねじ切ったことが報告されています。
    加工後の仕上がりがキレイで、平滑で、遊歩道、プールサイド等、裸足で使用される所でも、トゲ等の心配がありません。

ページトップ